FC2ブログ

「いっしょに食べよう!」

気の向くままに作ったものの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出した!あの味。

パン教室のお土産のスコーン。
ハート型に抜いてあるのがかわいい。
スコーン1
添えてあるのは以前食べてみてお気に入りの
水切りヨーグルトと冷蔵庫にあったイチゴジャムです。
スコーン2
本当は紅茶を入れてゆっくり食べたいところなのですが
今日は午後も子どもたちがいるので朝の残りのコーヒーといっしょに。

そのうち「スコーンてどこの国のお菓子?」という話に始まり
私が初めてグミを口にした時の話になりました。 時は昭和40年代後半
ヨーロッパ旅行から帰った叔母が
「これはね、『泣く子もだまる』って言われるほど
ドイツで人気のあるお菓子なんだって、ハイ」と言って
おみやげ物がたくさん入った袋から出してくれたのが「これ」
615cmou4O5L__SL500_AA280_.jpg
HARIBOのグミでした。

当時幼稚園児だった私は今までに見たこともないほど
カラフルなクマの形のお菓子にワクワク。
その上、味は「泣く子も黙る」くらい美味しいらしいのですから・・・。

さっそくその場であけて
期待とともにパクっ。

ン?なにこれ?味しない。
口に入れても飴みたいに甘くないし、
かんでみても
お菓子屋さんに売ってるゼリーより硬くて
なんかゴムみたい。

私の異変に気づいた叔母とさらにもう一人の叔母と母がパク。
「なにこれぇ~」と三姉妹爆笑。
「泣く子がだまるって、おいしくなくて黙るのよね、きっと。」
「こんなので泣き止むなら日本のお菓子たべさせたら
ドイツの子卒倒しちゃうかもね」
なんて天下のHARIBOに言いたい放題。

私もいつも食べてる
「ぺロティチョコやノースキャロライナのほうがずーっと美味しい」と
思った記憶があります。

あのときのお菓子が「グミ」というもので
HARIBOのものだったと気づいたのは
最近になってからのこと。

「お母さんが子供の頃はグミなんてなかったのよ~」
なんて言っても
今の子どもたちにとって「グミ」は
飴やガムと並ぶ定番の小菓子ですものねえ。
信じられないという顔で笑いながらこの話をきいていました。

実はあの時食べたきりHARIBOのグミはたべていません。
今度売ってるのをみかけたら
食べてみようかあ。
やっぱりゴムみたいって思うかな?

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

おもしろい^0^

楽しいお話ありがとうございます。
海外のお菓子ってあたりはずれありますよねえ(笑)

HARIBOのグミ、周りでは人気ですよ~
私も好きですが、高いので自分ではあまり買いません^^;

ただ、HARIBOの黒いグミの味だけは
どうしても好きになれません・・・

このページ、色々のってて
面白かったのでリンク貼っちゃいます↓
http://www.ks22.com/d/_haribo/h.htm

色々な種類があるんですね~
全部食べてみたいなあ^0^

Re: おもしろい^0^

midoriさんへ

リンク読ませていただきました。
とても面白かったです。
HARIBOのファンってたくさんいるんですね。

私は結局グミデビューに失敗してしまったらしく
子どもたちが食べているグミもにも興味を持てずにいます。

あの日のことを思い出すと
今日という日が来るなんて不思議です(笑)
日本人の味覚が変わったんでしょうか?
本当たくさんの種類のグミがあるんですね。

今回の記事を書くにあたり、
HARIBOが歴史ある会社だということも知り、
私も楽しかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

Nahoya

Author:Nahoya
2010年と共にタイトルを変えてみました。

子供たちはどんどん成長し、
自分の世界を持ち始め、生活にも少しずつ変化が見られます。
いつまでいっしょにご飯やおやつを食べられるかな?

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。