「いっしょに食べよう!」

気の向くままに作ったものの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜もち

包みのなかみは・・・・
桜もち1
桜もち。
桜餅2JPG

毎年この時期になると作る桜もち。
男の子しかいない我が家ですが
春を思わせる「ひな祭り」は大切にしたい行事です。

先週の週末、せめて食事のメニューを
「ちらしずし」にして、「さくらもち」を作ろうと思い
近くの製菓材料店に行ったところ・・・・・。
「道明寺粉、桜の葉の塩漬け、桜の花の塩漬け」が売り切れ。

そんな、そんな、そんなぁ~。
「今日、大量に買われたお客様がいらして、明日は入荷する予定です。」

作ろうと思ったときに作れないのはとても残念でしたが
次の日を待って材料を購入し早速先週、2回も作りました。

何かを「やりたい」と思ったとき、出来ないと
その思いは強くなり何が何でもその何かを「したくなる」。
そんな困ったクセは息子にもしっかり引き継がれてしまったようです。

「お母さん、○○(道のり10キロ)まで歩こうよ!」とか
「一日で自転車でどこまで行けるかやってみよう。」とか
「ちょっとヤッカイだなー、面倒だなー」と思いつつ、
これは私の「血」ですから
責任を持ってお付き合いしなければと思っているわけです。

スポンサーサイト

鏡びらき

鏡開き
今年も丸いお餅をみた息子たちに
「これいつ食べるのぉ?」と聞かれたので
「今日食べるのよ」と日曜日の鏡開きにお汁粉を作りました。

私がお汁粉を作るとき
食べやすいようにお餅は必ず一口大にします。
お雑煮では一口大は「ありえない」でしょうけれど
白玉ぜんざいもあることですし、お汁粉だったらいいかな?と・・・

いつもなら蓋つきのおわんに入れるところですが
ちょっとカジュアルに白いボールに入れてみました。

ちょっとふくれすぎたお餅とあずきをすくって
いただきまーす!!

お茶の時間

冷蔵庫の中に残っているお抹茶を使いたくて
あずき入り抹茶カステラを焼きました。

あずきが沈まず中央にも点々と焼きあがったところが
ちょっとうれしい。
お茶の時間1JPG

もちろん焼いたばかりのものより
数日経ったほうがしっとりと美味しくいただけます。

今日から学校も始まり
一人の時間にゆっくりとお茶を飲もうと楽しみにしていましたが
実際はこうして写真を撮ったり、
外出の用事があったり意外と忙しいものです。

いろいろと用事をいれては
せかせかと動いてしまい、
おかげで年末は怪我までしてしまったのですから
今年は一日に一度はゆっくりと「お茶の時間」を楽しむ
心のゆとりを持たなくてはと思います。

レシピ覚書

more »

再会

再会2


先日、小学1年生のときに一緒のクラスだった友人Sさんが
1歳になるお嬢ちゃまをつれて遊びに来てくれました。

ちょうど子供たちもお休みで家にいたので
「今日はお母さんの小学校の時のお友だちが遊びに来てくれるのよ~、
(かなり自慢げに言った!!)
久しぶりに会うからお話させてね。」
数えてみると10年ぶり?

小学生のころは、クラスが一緒になったり、
習い事やクラブが一緒で6年間ずっと近くにいたお友だちでした。
別々の中学に上がった夏、彼女がお父様の転勤で
遠くに行ってしまうことがわかり、
引越しの日に挨拶に行ったこと今でもよく覚えています。

次の夏休みには早速、
彼女の家に泊まりに行かせてもらったり
彼女がウチに遊びに来たりと
こんな風に細く長いお付き合いが続いて
かれこれ30年とちょっと。

会ったらこれも話そう、あれも話そうとウキウキしていたけれど
顔を見たらあっという間に時間が過ぎていってしまいました。
お互い子供を連れてこうして会えるのはとてもうれしく
ずっと友だちでいられることに感謝しています。
彼女はこの4月から職場にもどるとのこと。
忙しくなってしまうのでしょうけれど
せっかく近くにいるのだからまた、会おうね!!

再会1JPG
彼女と食べたお料理です。
また、うっかり写真に撮り忘れ、後で余ったものをお弁当箱に詰めました。
そして、アボカドは焼いたのに!!
お出しするのを忘れました。涙

子供たちにもずっと長くお付き合いできる
友だちができるといいな・・。

鏡開き

鏡開き1


今日は鏡びらき、
あずきを煮てお汁粉を作りました。

お汁粉といえば
まず思い出すのが小学校のマラソン大会。
なぜか大会当日に必ずお汁粉が当然のように振舞われ
随分大きくなるまで
どこの小学校でもマラソン大会では
必ずお汁粉が出るものだと思い込んでいました。

当時の私は今以上にお餅もあずきも好きではなかったので
「がんばって走ればお汁粉が待っている!!」と
応援されてもあまりうれしくなかったことを覚えています。
お汁粉担当のママたちによそってもらうとき
「少しにしてください」といって
驚かれたこともありましたっけ。
今でも○○小学校はマラソン大会にお汁粉が出るのかな?

門松などのお正月飾りを8日に片付けていたら
「このお餅はいつ食べるの?」と子供たちに聞かれました。

いつも食べている四角いお餅とはちがう
2段の丸いお餅はなんとなーく
味も違うような気がして
ちょっとワクワクするのかもしれませんね。

 | HOME |  NEXT »

プロフィール

Nahoya

Author:Nahoya
2010年と共にタイトルを変えてみました。

子供たちはどんどん成長し、
自分の世界を持ち始め、生活にも少しずつ変化が見られます。
いつまでいっしょにご飯やおやつを食べられるかな?

ようこそ!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。